スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球温暖化なんて嘘っぱちだ!

明けましておめでとうございます。

さてさて、昨年大晦日から凄い寒波が来ていますね。
今冬は暖冬だなんて言っていたのに、全国各地で豪雪に見舞われますます「地球温暖化捏造説」に真実味が帯びてきているような気がします。

わたすかめざえもんは、もちろん温暖化なんて信じません。
近年暑く感じるのはそれは私たちのCO2のせいではなく、太陽活動によるものであることはNASAも認めちゃってます。
http://www.dailytech.com/NASA+Study+Acknowledges+Solar+Cycle+Not+Man+Responsible+for+Past+Warming/article15310.htm

おまけでこんなニュースも。
[急]地球温暖化データにねつ造疑惑(09/11/26)
http://eco.nikkei.co.jp/column/kanwaqdai/article.aspx?id=MMECzh000025112009

これだけの情報が上がってきてもエコブームに沸く我が日本。
滑稽な話です。

スポンサーサイト

バビロンの謎。

バビロンと言えば、昨年七月にこんなニュースがあった。


【7月13日 AFP】イラク中部にある古代遺跡バビロン(Babylon)が、イラク戦争後の米軍駐留の影響で損壊していることが明らかになった。国連教育科学文化機関(ユネスコ、UNESCO)が9日、報告書のなかで指摘した。現在、早急に修復を必要とする状態だという。

 バビロンは、「文明のゆりかご」と呼ばれるメソポタミアの都市。バグダッド(Baghdad)の南方90キロに位置し、ハンムラビ(Hammurabi)王(在位紀元前1792-50年)や「空中庭園」を造らせたネブカドネザル(Nebuchadnezzer)2世王(同604-562年)が有名だ。

 ユネスコの報告書によると、2003年4月から12月まで同地に駐留した米軍が、基地設営時に行った掘削作業などにより、遺跡が損壊しているという。イシュタル門(Ishtar Gate)や行列通り(Processional Way)など、遺跡の主要部も損壊しており、特にNinmakhやNabu-sha-Harre、イシュタルの3寺院、バビロン様式の遺跡群、南部のネブカドネザル宮殿などは、緊急に修復が必要だという。

 同報告書は、大英博物館(British Museum)の2005年の報告書を引用する形で、駐留米軍によるバビロン遺跡への影響を、エジプトのピラミッドや英国南部の巨石遺跡「ストーンヘンジ(Stonehenge)」の周囲に基地を建設するのに等しい行為だと批判した。(c)AFP

元ネタ→http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2620818/4356339


その米兵がなんと、集団自殺をしていたというニュースが!!!


続きを読む

プロフィール

Author:かめざえもん
黄金の金玉を知らないかの玉蔵さんの大ファンであるわたすが世界の陰謀や都市伝説などキチガイトピックをあつめて謎に挑みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。